So-net無料ブログ作成

張本勲氏 金田正一氏が宮台康平を絶賛 張本勲氏をたしなめる [芸能]

元プロ野球選手の金田正一氏(84)が15日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)に生出演し、東大のドラフト候補左腕・宮台康平(4年=湘南)を絶賛した。

 番組では、8日の東京六大学秋季リーグで東大が法大を8―7で破り、2002年秋の立大戦以来15年ぶりの勝ち点を挙げたことを紹介。これに野球評論家の張本勲氏(77)が「激励の喝だ、法大に」と法大に喝を入れたが、これに金田氏は「投げたピッチャーをほめてあげなさい」と張本氏をたしなめ、東大の宮台を絶賛した。

 金田氏は宮台を「素晴らしいですよ。手首の使い方が柔らかい。リストの使い方がうまい」などと評価し「手首で投げる前にリラックスさせなきゃいけない。その力の抜き方を手首でやっている。それを天性と言って、ピッチャーがあそこまで放ると、例え相手が強くても負けてしまう。ピッチャーの力はすごい」などと評価した。

 司会の関口宏(74)からプロ入りについて聞かれると「行かなくちゃ。東大もいいけど、勉強終わったら、プロでやってもらいたい」と期待していた。関口からは金田氏がロッテの監督時代の92年に東大の小林至投手を獲得したことを持ち出され「大失敗した。大失敗したというより経験させて、その経験の夢が今つながった」と東大の投手を獲得したことが今の宮台につながっているとの持論を示していた。
記事引用元:2017年10月15日 9時40分 スポーツ報知
nice!(0)  コメント(0)