So-net無料ブログ作成

斉藤由貴の手つなぎデートはヤラセ?!新疑惑も!! [芸能]

斉藤由貴の手つなぎデートはヤラセ?!新疑惑!!

斉藤由貴の手つなぎデートが先日文春で報じられ、会見にも注目が集まりました。

芸能界でも様々な人が様々に発言し、波紋が広がっていますが、一部で実はこんな話が出ています。

手つなぎデート現場は「全てヤラセ」というものです。それはどういうことでしょうか。


週刊文春は先日斉藤由貴と50代男性医師とのW不倫を報じ、恋人つなぎで映画館に入っていくところを写真付きで報じています。

斉藤由貴は会見を開き、不倫関係を否定しています。

まずは会見での一問一答はどうだったのでしょうか?
ニフティニュース.jpg
写真:ニフティニュースより

――報道された相手の方との関係は?
家族がお世話になっているお医者さんです。

――恋人つなぎをしていましたが、それについては?
先方も私も映画が好きで、観たい映画の話になって。仕事帰りに丁度いいから行こうという話になった。映画館を出て階段を降りるときに私の足元がおぼつかなくて、支えてくれた。ぱっと手を出されて、なんとなくつかんだときに…。私のなかでああいう風につかんだのかなって、実はあまり記憶がなくて。すごく一瞬のことだと思います。なんとなく手を握ってしまって、そのまま離して。なぜならお店がすぐ隣だったので。(文春では)ずっとつないでいるって書いてありましたけれど、そんなような感じになっちゃったのはダメだなと思います。

――“W不倫”と報じられましたが、男女の関係は?
そういうことではない。家族全員がお世話になっている方。(子どもの)塾とか、どういうところがいいですかねっていうところから始まって、6年くらい前からいろいろな話をするようになった。ダイエットしたいなって思っているって言ったら、サポートしますよって言ってくれた。私にとってはアドバイザーであり、指導してくれる人。

――1週間に4回も会っていると報じられましたが。
4回も会ったかな?ってすご~く考えたのですが、そんなに覚えてない。文春の方がずっと見ていて4回も会ったっていうならそうなんだろうなと。先生(相手)が、来るたびに問診票みたいなのをつけるのですが、それを見直してくださった。それを見ると点滴をしたり、美容系の施術を行っていた。実は、私がお世話になっているメイクさんも一緒に行っていて、3人で相談しながらやっていることもある。

――ご主人はマンションの存在や診療を受けていたことを知らなかったそうですが。
(記者が)家族のところにも来るから、全部私が答えるから「知らない、わからない」と言っておいてと伝えました。なので、主人は『(マンションの存在など)知らないって言ったよ』って言っていました。(往診については)知っていたと思います。

――手つなぎ写真について、ご主人の反応は?
責められて然るべきなので、怖くてまだ(記事について)聞けていない。(主人も)特に何も聞いてこなくて、とにかく「今日は会見やるの?」とか、そんな感じです。

――今回のことで夫婦関係が壊れることは?
あの記事を読んで、ぎゅっとつないで親密にといわれたら、ほんの一瞬手があれしちゃって、何かこう、ねえ。そういう風に主人が思うとしたらしょうがないなという気持ちもしますけれど。

――異性として好意は?
好意はあるから、手をつなぐ的なことはあるんだと思います。でも…(数秒、考える様子)。でも、やっぱり、今まで家族を連れて病院に行って、今までお世話になり続けることができたと思います。

――映画を2人で観に行くのは“デート”だと思いますが、やめようという気持ちは?
うーん…。映画を観に行ったことはほかの人でも普通に…。それは(報道陣に向けて)ないですかね? 夜5時か6時くらいに。そういう気持ち、そういうところが(自分は)甘いんですかね。

――今回で3度目の不倫報道(尾崎豊さん、川崎麻世)ですが、こういった報道から“卒業”したいと思いますか?
(十数秒絶句)今考えているのは、気が利いたことを言ったほうがいいのかと思ってもそういう場じゃないし、答えようがないです。

――“一線”は超えた?
そういうことじゃないです。そういうことを聞かれるのもなんか…。


この会見に関しては、一問一答形式の「囲み取材」という形ではなく「声かけ」と呼ばれる方式で、レポーターの質問は一人一問に限られます。

この会見方法についてもレポーターが自由に質問しづらくなり、斉藤由貴ペースになってしまうという反面、心情の揺れがそのまま伝わりやすくなってしまうという欠点もあるようです。


この会見では、斉藤独特の表現方法で「不倫疑惑」を否定しましたが、つじつまの合わないところもかなりあったところが、また波紋を広げていますね。


さてどうしてヤラセ疑惑なのか??

さて色々と波紋を広げている斉藤由貴会見ですが、ここにきて「ヤラセ」疑惑もあります。

それはどうしてなのでしょうか?

理由の一つ目、実は、会見自体に不自然さを感じている人もいるようです。

スポーツ報知にこんな記事も掲載されています。


ベテランカメラマンだけが感じ取った釈明会見での斉藤由貴の「魔性」

数々の俳優、スポーツ選手をファインダー越しに捕らえ続けてきたベテランカメラマンの目線はさすがに鋭いな―。そんなことを3日夜の取材で感じた。

 同日発売の「週刊文春」で横浜市在住の50代の開業医の男性とのダブル不倫疑惑を報じられた斉藤由貴(50)。渦中の女優が都内のビル11階の会議室で緊急会見を開くとあって、先輩カメラマンと駆けつけた。

 直前まで出演ドラマ「カンナさーん!」のロケに参加していたため、斉藤の入室は予定時間から15分遅れ。純白のロングワンピースで登場し、「15分もお待たせしてしまいまして、すみません」。深々と頭を下げる姿は80年代のヒット曲「卒業」、主演ドラマ「スケバン刑事」以来、ずっと目にしてきたアイドル女優そのものだった。

 しかし、会見自体は要領を得ない内容に終始。男性との関係について「家族がみんな、お世話になっているお医者さん。(男女の関係とか)そういうことではない」と改めて不倫関係を否定する一方で、相手に好意があることこそ認めたが、「え~と」「あの~」「記憶にない」を約20回繰り返すなど、しどろもどろな内容だった。

 その場から送る速報原稿を提稿し終わり、社へと引き上げる途中、先輩カメラマンに思わずつぶやいてしまった。「謝罪でもなく釈明も仕切れていない…。とらえどころのない会見でしたね」。

 すると、先輩は「いや、あの服が気になったんだよね。釈明会見とは思えないワンピースに胸元もかなり開けていただろ。あの見た目はちょっと違うんじゃないか。スタイリストは何してたんだろ」

 確かにロケ現場から駆けつけた斉藤は本人も「昨日、今日とロケが続いて家にも帰っていません。着たきりすずめです」と吐露。私服に近いワンピースに後ろでまとめた髪も本人いわく「ぼさぼさで恥ずかしい」状態。トップ女優とは思えない“無防備な”外見でテレビカメラ14台、約140人の取材陣の前に24分39秒間、立ち続けた。

 だが、一見、無防備に見えるその装いが“計算”だとしたら―。私が気づく、ずっと前に斉藤の左手薬指に指輪がないことに気づき、写真も送信済みだった“鋭い”先輩の一言で、そんな邪推が頭に浮かんだ。そうだ。そもそも斉藤由貴は「魔性の女」と呼ばれたこともあったんだったと…。

 ここ1年、不倫報道を受け、釈明会見をした俳優は数多い。渡辺謙、中村芝翫(当時・橋之助)、三遊亭円楽。誰もがダーク・スーツに身を包んでいた。そう、男たちはスーツという“戦闘服”で殺到する質問から身を守るっているかのように見えた。

 実は、か弱い男たちがスーツで身を守る一方で「そのままの姿」で登場した斉藤。カメラマンのファインダー越しの視線は、そこにある種の“不自然さ”を感じ取っていた。

 そもそも今回の会見は、渡辺らのケースで見られた主役の周囲をリポーター、記者らが取り囲む囲み形式ではなく、上手にただ一人、マイクを持って立った斉藤に対し、約5メートルの距離を置いて正対するリポーター陣が質問するという形。マイクも一人が質問したら、次の質問者に回すという形式を取ったため、畳みかけるように質問することが不可能になった。渡辺の会見で「世界のワタナベ・ケンも一人の男なんですね」など、鋭すぎる質問を飛ばした女性リポーターも出席していたが、その舌鋒はやや抑えめだった。

 会見場の設定は老舗所属事務所の看板女優を守るための完璧な仕切りによるものだが、斉藤自身もうるんだ目で一人一人の質問者の目をきちんと見つめて答え続けた。

 勝手な想像だが、その思いは私はこんなに無防備です。全てをさらけ出して答えていますか―。「目は口ほどに物を言い」いや、この場合は「装いは口ほどに物を言い」。ベテラン女優のロケ現場から直行の生成りの装いが取材陣の「本音を聞き出すぞ」という勢いを見事にそぎ落とした部分はなかっただろうか。

 ふと振り返れば、斉藤が頭を下げたのは冒頭の15分の遅れを謝罪した部分のみ。もちろん、不倫関係を完全否定したわけで、その他の部分での謝罪の必要は一つもない。それでも、どこか、ベテラン女優の手に平の上で踊らされた24分39秒だった感が否めない。

 最後の最後、91年の故・尾崎豊さん、93年の川崎麻世との不倫騒動に続く釈明会見となった斉藤に取材陣から「3度目の不倫報道ですが、こうした騒ぎから『卒業』できそうですか」という往年のヒット曲の題名を盛り込んだ質問が飛んだ。

 数秒、絶句した後、「気の利いたことを言った方がいいんでしょうが、そういう場じゃないし」とつぶやいた後、質問者をじっと見つめながら「そういうことを聞かれるってことが…」と言葉を続けようとした斉藤。その瞬間、隣にいた事務所の社員に肩を抱かれ、会見場から連れ出される形となったが、その時だけ「計算ではない」生身の斉藤の姿が垣間見えた気がした。その言葉の先が聞きたかった。(記者コラム・中村 健吾)

以上スポーツ報知


というものですが、大きな理由の二つ目が、今TBS系で放送中の「カンナさーん!」が不倫騒動で追い風だというのです。

“おデブ”渡辺直美の当たり役になっている「カンナさーん」ですが、ここに来て追い風が……。共演者の斉藤由貴の不倫騒動で注目度がグンとアップしそうだというのです。
ダウンロード.jpg
 斉藤の役は浮気する渡辺の夫(要潤)の姑なのですが、息子の不倫を叱るどころか、嫁の渡辺に嫌みたっぷりの意地悪女を演じていて、渡辺VS斉藤がドラマの見どころになっているのです。

「ドラマをあまり見ない人でも、性悪ぶりが気になるはず」(ドラマウオッチャー)というのです。

 視聴率は初回12.0%で2回目12.6%にアップしていますが、3回目は10.1%にダウン。斉藤の不倫騒動で再び視聴率がアップする可能性があります。


視聴率が落ちていたタイミング的にも斉藤由貴の不倫報道のタイミングが良すぎるような気もしますね。

みなさんはどうとらえますか?


nice!(1)  コメント(0)