So-net無料ブログ作成

超有名女性アイドルタレントの混浴全裸写真が流出 [芸能]

またしても芸能人の“衝撃ニャンニャン写真”が流出か――。7月29日発売の「実話ナックルズ」(ミリオン出版/2017年9月号)に、大手プロダクション所属タレントと見られる女性の衝撃写真が掲載されている。見本誌が業界関係者に配られており、一部ではちょっとした“祭り”に発展しつつあるというが……。

 誌面では一部伏せ字となっているが、掲載されたプロフィールなどから『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)や『ヒルナンデス!』(同)などに出演する、Kを指していることがわかる。掲載されている写真は、いずれもKと「有名サッカー選手」とされる男性とのツーショットで、中でも目を引くのがキス写真、さらにふたりそろって仲睦まじく温泉に入っているショットだろう。

「入浴中の写真は構図や両者の様子などから、盗撮されたものなどではなく、セルフタイマーを用いたか、あるいは第三者が許可を得て撮影していることは明らか。こういった事案では、そもそも写真を『撮らない』『撮らせない』ことが一番の防止策となりますが、結果こうして流出してしまっている以上は、本人の脇が甘いというほかありませんね」(芸能プロ関係者)


 さらに、記事の見出しには「アノ『イッテQ』レギュラーか 混浴全裸ニャン2 衝撃流出17枚」と書かれており、掲載されている3点以外にも、複数の写真が編集部の元に存在していることを示唆している。

「記事内でも言及されていますが、撮影時期は2011年ということで、Kが数年前に『フライデー』(講談社)に撮られたモデル風男性と今回の男性が、同一人物である可能性も。流出元がこの男性なのか、第三者なのかは不明です。一体なぜこのタイミングで、こんな写真が世に出てしまったのか……」(週刊誌記者)

 本サイトでは「実話ナックルズ」編集部に対し、女性がK本人であるという証拠の有無、また写真の入手先などについて問い合わせたが、「記事に書かれていることがすべてです」との回答だった。次号以降、さらなる衝撃写真が掲載される可能性もあるだけに、波紋が広がっていくことになりそうだ。
記事引用元;日刊サイゾー
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

加計学園問題で民進党参議院議員桜井氏に非難殺到! [政治]

JCASTnews.jpg
山本幸三・地方創生担当相に指をさして声を荒らげた桜井充議員(参議院インターネット審議中継から)

民進党・桜井充氏の発言に批判殺到 山本地方創生相に声荒げる


「言ってもいないことに大きな声で、しかも『出ていけ』はないだろう」。参議院予算委員会の閉会中審査における民進党・桜井充参院議員の発言について、元衆院議員で「新党大地」代表の鈴木宗男氏がブログでそう述べました。


「加計学園問題」で答弁した山本幸三・地方創生担当相に対し、桜井氏が「いらない。出ていけよ」と声を荒らげましたが、鈴木氏は「懲罰にすべき言動」と桜井氏の振る舞いを真っ向から非難するとともに、「メディアの批判があると思いきや、2日経っても何の反応もない」と報道の姿勢にも苦言を呈しています。



「いらない。出ていけ。出ていけよ」と指をさして声を荒らげる

安倍晋三首相が出席した2017年7月25日の参院予算委の閉会中審査では、学校法人「加計学園」が愛媛県今治市に獣医学部を新設する計画をめぐり、民進党桜井氏が質問に立ちました。


今治市が情報開示した資料をもとに、「我々は『加計ありき』だと思うのですが、総理、この資料を見てどう思いますか」と問いかけると、立ち上がったのは名指しされた安倍氏ではなく山本氏でした。


すると桜井氏は「総理に聞いている。総理に聞いている」と繰り返し、激高。山本氏に対し「いらない。出ていけ。出ていけよ」と指をさしながら声を荒らげました。


参院予算委員長に指名されて山本氏が答弁しましたが、桜井氏は「山本大臣っていうのは本当に質疑の妨害しかしないんですから、答弁に立たないでくださいよ」と不満を述べていました。


こうした場面について、鈴木氏によれば「答弁者を決めるのは委員長である。よく野党民進党の人は『総理に』というが、委員長しか答弁者を決めることは出来ない。これは議会の常識である」と指摘。


さらに桜井氏の別の発言にも「勘違い」があると主張しています。


「いま山本大臣、看過ならぬことをおっしゃいましたからね」
桜井氏は閉会中審査で、加計学園は獣医学部の設置認可がおりる前に、「高圧受電設備」を申し込んでいたとして「まだ加計と決まっていないのに行われている。この点については総理、いかがですか」と問いました。


そこで答弁に立ったのはまたも山本氏で「そういう細かいことを総理にお尋ねしても(答弁するのは)無理だと思います。それは私が担当しているわけでありまして、私に聞いていただければと思います」と答えると、これを桜井氏は強く非難しました。


「いま山本大臣、看過ならぬことをおっしゃいましたからね。『そんな小さなこと』ってどういうことだよ。言ったよ今。『そんな小さなことは総理が答弁することじゃない』。我々が調べてきたことに対してそういう失礼なことを言うのはおかしな話じゃないか。失礼だよ。いいから。もうあなたは答弁結構だ。時間の無駄だ。時間の無駄だから出てくんなよ」

鈴木氏は、この場面での山本氏と桜井氏のやり取りについてブログで


「25日の桜井氏の発言で基本的に間違っているのは『小さいこととはなんだ、失礼だ、出ていけ』と言っているが、山本大臣は『そういう細かいことを首相に尋ねても無理だ。担当している私からお答えする』と言っている。『小さいこと』とは言っていない。事務的な細かいことなので担当の私からと言っているのだ」
と指摘し、桜井氏に対して

「言ってもいないことに大きな声で、しかも『出ていけ』はないだろう。この点、与党の理事もしっかり真意を国民に知らせるべきである。懲罰にすべき言動ではないか」
「発言の削除や、委員会での注意など民主的手続きをすべきでないか。こうしたことを一度見過ごすと慣例となって益々国会が軽いものになってしまうと心配するものである」
と主張しています。


ツイッターでは1000件以上のリプライが
また、鈴木氏はメディアの姿勢にも「この桜井氏の神聖なる国会の場に相応しくない発言に対し、メディアの批判があると思いきや、2日経っても何の反応もない。こうした現状を不思議に思うものである」と不満を述べています。


閉会中審査自体は各ワイドショー番組でも取り上げられていますが、桜井氏の「出ていけ」発言についてはほとんど問題視されていません。


たとえば、25日「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)では、「出ていけ」の場面を国会のVTRで放送しながら「指名されてもいないのに安倍総理に代わって答弁しようとする山本地方創生担当大臣に、怒りが収まらない民進党・桜井議員」とのナレーションを挿入。同日「news every.」(日本テレビ系)でも「山本大臣が答弁にたったことに桜井議員が激怒する場面も見られました」とナレーションされるだけでした。

同日「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ系)では、松野博一・文部科学相も野党議員が「総理に」と言った場面で答弁したこととあわせ、「質問者が総理を指名しているにもかかわらず、代わりに答弁に立つ大臣たち。昨日の総理発言(1月20日の旨)の影響か」とナレーターが述べています。


同日の「ゴゴスマ~GOGO!Smile!~」(CBCテレビ系)では、政治評論家の有馬晴海氏が「山本大臣が出てくるのは、総理がちょっと答えにくいのを自分が何回も出て行って時間稼ぎをし、質問を終わらせるテクニックだと思う」と推測していますが、桜井氏の言動の是非は特に触れていません。

一方で、ツイッターでは批判的な声も少なくありません。

今回の閉会中審査で質問に立つ旨を桜井氏自身が告知した25日朝のツイートには、その後29日までに1000件以上のリプライ(返信)が殺到し、「大臣に対して『出て行け!』ですか? 本当に品性の欠片も無い人ですね貴方は」「全国中継している国会において、大臣に対して汚い言葉で恫喝紛いの行為。 次世代を担う子供達が見ていたとしたらどう受けとるでしょう」「山本大臣は『細かいこと』と言ったのです。『小さいことと言った』と嘘をつくのはやめてください」などの厳しい声が寄せられています。
記事引用元;JCASTニュース
関連動画:https://youtu.be/9IfhKAMaOzg
https://youtu.be/u2u4LTOxMK0
https://youtu.be/U_QoShprquA
二木啓孝】 加計問題 主半は石破 ひたすら隠す民進、朝日、毎日 2017年7月26日https://youtu.be/YzjbRnkGxrk
国会 加計学園 小野寺氏(自民)が前川氏を追い詰める絶対報道されない問題解決しちゃった完全納得な神質疑!蓮舫 民進党が都合悪くて発狂!w 安倍総理 予算委員会 閉会中審査 最新の面白い国会中継https://youtu.be/BUTpBTKnHLk
加計学園問題で民進党やマスコミの姿勢に和歌山県知事が唖然!獣医師不足の状況に加計批判するセンスがおかしい!
https://youtu.be/VBdIyfxnXEM

今井絵理子と不倫の神戸市議橋本議員の悪評とは?! [ニュース]

女性ボーカル&ダンスグループ「SPEED」元メンバーの今井絵理子参院議員(33=自民党)に、妻子持ちの神戸市議(37=同)との不倫疑惑が浮上しました。

7月27日発売の週刊新潮が報じたものですが、双方とも男女の関係は否定しています。

今井氏は昨年、当時交際が発覚した別の男性の過去が取りざたされていますが、極秘破局していたという報道も出ています。

元アイドル政治家の男性遍歴と今回の相手議員の評判はどうだったのでしょうか。
ダウンロードtw.jpg
画像引用元:ツイッター
 
週刊新潮によると、今井氏の交際相手とされるのは神戸市会議員で歯科医の橋本健氏で新幹線車内で手をつないだり、今井氏の別宅マンションや出張先のホテルで一夜を過ごした後とみられる写真も掲載されています。

 ホームページなどによると、橋本氏は大阪大学歯学部を卒業し、歯科医院を開業。2007年に神戸市会議員に初当選。

歯科医、学生時代に学習塾を主宰していた経験から「医療」「教育」を旗印に現在3期目。
キャプチャ7.PNG
画像:橋本氏公式ホームページ
2人が急接近したきっかけは昨年2月、今井氏が参院選出馬を発表した後、自民党の兵庫県連青年局が4月の勉強会の講師を依頼したことだそうです。

その窓口になったのが橋本氏で、急速に親しくなり、いつしか秘書のように今井氏に同行するようになったといいます。夫人とは離婚協議中とのことです。

 




 橋本氏の妻子が暮らす自宅の近隣住民は「7、8年前に引っ越してきた時は、子供も赤ちゃんで家族仲が良く、子煩悩な感じでした。でも、最近は(橋本氏を)あまり見かけなかった」と意味深に話したということです。

 当の今井氏側では、事務所スタッフが「(新潮の)記事は把握していない。対応は27日以降に書面で行う予定」としています。SPEEDメンバーとして活躍していた時代を知る関係者は今井氏について「男性に対しては結構、真面目。派手な交友関係や、ルーズということはなかった。でも、男性に影響されやすい一面は持っている」と明かしました。

 確かにこれまで報じられてきた今井氏の男性関係は複雑なものばかりです。2004年にロックバンド・175RのSHOGO(37)と結婚し、長男をもうけました。

「07年には離婚しましたが、理由は子育てにまったく協力的でなく“逃げられた感”があります。次に話題になったのが、参院選出馬表明直後に判明した、交際していた沖縄の同級生。不起訴になったものの、逮捕されてしまった。その男性とも議員になった直後に別れているようですが、その後に今回の市議と不倫報道ですから、男運がないのか、男を見る目がないのか…」(ある芸能プロ関係者)


 事の真偽はともかく、妻子ある男性との関係が取りざたされれば、今井氏は議員としての進退も問われかねない事態になります。



「離婚調停中の夫人から訴えられるようなことがあれば、議員を続けていられるか。だからといって、芸能界に戻るのも厳しい。イメージが悪いというより、そもそも立候補直前にはそれほどの仕事があったわけでもないし、戻ってきて需要があるかどうか」と同関係者はみていますが、早速離婚調停中の夫人が激怒しており、慰謝料請求も辞さない構えを見せているほか、今井氏が所属する自民党内からも「もうこれ以上庇っていられない」という声も出始めています。

渡辺謙と南果歩の馴れ初めから現在まで俳優の不倫会見の背景は?! [芸能]

俳優の渡辺謙が元ホステス女性との不倫報道について先日謝罪会見を開きましたが、いま密かに囁かれているのが「離婚して不倫相手と再婚」説だということです。
images5.jpg
画像:ライブドアニュース

ある芸能記者によれば「妻の南果歩と話し合いがついていないのは、離婚前提で話をしているからでは?」という見方をしているというのです。

 渡辺は1983年に結婚した女性と、2005年に離婚しました。夫妻の間にできた子が俳優の渡辺大、女優の杏でした。

 その離婚した年に、不倫関係もウワサされた南と再婚し、南の前夫・辻仁成との子と養子縁組していました。

 最近は南が乳がんで闘病中でしたが、3月に元ホステス女性との3年近くに及ぶ不倫が「週刊文春」(文藝春秋)に報じられてしまい最悪のタイミングでした。

その報道以来渡辺は公の場から姿を消し、ドラマの出演発表ですら異例の本人不在という前代未聞の事態になっていました。

文春がその後、続報でこの不倫関係が「結婚を見据えた真剣交際だった」と追加報道し、女性の知人証言として、渡辺が女性に「俺の子どもを産んでいいよ」「もし結婚できなかったら隠し子でいいよ」と言った話などを紹介していました。

 やっとのことで渡辺は7月15日に記者会見を開き、記事の内容を認め、謝罪。南の反応については「最初はすごくショックが大きかったのですが、落ち着いてきたときに、『こんなことであなたが積み重ねてきたものは消えるわけじゃないから、頑張ってね』と言ってもらった」としましたが、夫婦仲について再三にわたり報道陣から質問が飛びましたが、「丁寧に時間をかけてやっていくしかない。まだまだ、時間がかかると思ってます」等と質問を全て交わし“未解決”であることを匂わせました。







「渡辺さんは、相手女性との再婚についてはキッパリ否定したのに、離婚の可能性を問われたら『今の段階ではそういうのは出ていない』とトーンダウンしました。さらに前妻との離婚裁判について聞かれると『前回は金銭的な問題があった。今回は、そうはならない』と、まるで円満離婚に向けて話し合いが行われているような口ぶりでした。これは、現状が相当にヤバいってこと」(前出・芸能記者)

 記者は別の角度からも離婚の可能性を示唆する話をいくつかキャッチしたということです。

「そのひとつは、渡辺さんを通じて南さんと親しくなっていた友人らが、ピタリと南さんに連絡しなくなったこと。すでに縁を切る準備に入っているようにも見えてしまいますよ。渡辺さんの友人には不倫を知っていた人もいるって情報もありますし、それは南さんにとってかなりつらいことでは?」(同)

 確かに南は7月4日、主演ドラマ『定年女子』(BSプレミアム)の記者会見で「心身ともに疲れて落ち込んでいた時期にこういう作品に出会えたのは、神様が引き合わせてくれたご縁」と、夫の不倫を示唆したかのように話していました。

渡辺は謝罪会見で、不倫相手と本気だったか聞かれ、『嫌いじゃない人とは、そうはならない』と答えていましたが、これって、南とよりを戻すつもりはないとも受け取れますね。

今後が気になるところです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

米倉涼子が出演する2017年ドラマの驚きのギャラとは? [芸能]

米倉涼子が出演するドラマの驚きのギャラとは?
ダウンロード (1).jpg
画像出典:テレビ朝日ホームページから

米倉涼子主演のテレビ朝日系ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』のシーズン5が、今年も10月クールに放送されることが明らかになりました。

ドクターX~外科医・大門未知子~と言えば、毎週木曜午後9時から放送の医療ドラマで、米倉涼子扮する敏腕外科医大門未知子が目の前の患者を救うというポリシーのもと、圧倒的な腕で数多くの命を救いながら、金と欲にまみれた医療界にも鋭いメスを入れるという医療ドラマですね。

これまで放送された4本の連続ドラマおよびスペシャルドラマはいずれも高視聴率を記録し、橋田賞や向田邦子賞などの受賞歴を誇っています。未知子の決めぜりふ「私、失敗しないので」が名台詞として有名です。

さて、この人気ドラマシリーズのシーズン5放送が決定しました。

 シーズン5には西田敏行のほか、岸部一徳、内田有紀、鈴木浩介といったおなじみのメンバーの出演も既に決定しました。

 また、シーズン4にゲスト出演し、視聴者から待望論が多かった“蛭間のシモベ”海老名敬医師役の遠藤憲一が2シーズンぶりにレギュラーで復活することも決まっています。
ダウンロード (2).jpg
遠藤憲一
画像出典:オリコン

 ファンにとっては朗報ですが、ここにきてテレビ関係者から悲鳴が上がっているようです。






「それはズバリ、米倉のギャラの高騰です。テレ朝の熱烈オファーを受け入れた昨年のシーズン4では、1本500万円まで跳ね上がりました。一般的に大物俳優・女優の連ドラ1本あたりのギャラは200万円前後といわれていますから、とんでもない額です。さらにシーズン5を放送するにあたり、米倉サイドからは再度ギャラアップが要求され、一説によると1本800万円超になったといいますから絶句です。現状、ドラマのギャラでは、間違いなく米倉が業界ナンバー1。来年シーズン6をやるとなると、またまたギャラアップを求められかねず、テレ朝は戦々恐々でしょう」(テレビ関係者)

さて、米倉涼子ってどんな女優なんでしょうか。
各サイトの情報を集約したところによると、米倉涼子は、神奈川県横浜市出身、1975年8月1日生まれの42歳、現在オスカープロモーションに所属している女優です。

ダウンロード.jpg
米倉涼子
画像出典:.dot.asahi
5歳からの15年間、クラシックバレエを続けていて、小学3年生からは牧阿佐美バレヱ団のジュニアスクールに通い、その後AMスチューデンツに合格、谷桃子バレエ団にも通ってコンクールにも出場した経歴も。

高校生の時、友だちがコンテストに応募してくれたのがきっかけで、なんと第6回全日本国民的美少女コンテストの審査員特別賞を受賞、翌年モデルとしてデビューし、ファッション雑誌 『CanCam』(小学館)などに掲載されたということです。

1999年6月30日、「女優宣言」をして以来、女優として、いわゆるトレンディードラマを中心に活動しています。

2008年には『CHICAGO』の日本版でミュージカルに初挑戦しました。

米倉はブロードウェイで鑑賞したこの作品に魅了され、日本版の構想を聞きつけると自ら売り込んで主役を得たということですからすごい気合ですね。それまで本格的な歌を披露した経験はなかったにもかかわらず、主役をこなしたということです。

2012年7月には『CHICAGO』でブロードウェイで主演デビューを果たしました。

同年10月から主演を演じる『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』シリーズは、最高視聴率27.4%を記録するなど人気シリーズとなっています。

プライベートでは2014年12月26日、2歳年下の一般人男性と結婚しましたが2016年12月30日、協議離婚が成立しています。




 さてドラマの話に戻りますが、安定して20%超えをする『ドクターX』はスポンサー受けも非常に良く、テレ朝にとってはなくてはならないコンテンツとなっています。米倉のギャラ高騰は悩みの種ですが、常にこれだけの高視聴率を挙げて、スポンサー収入も潤うドラマはほかにないだけに、テレビ朝日としては悩みが尽きないとか。

『ヒルナンデス!』レギュラーの女性タレント、全裸セックス写真流出!? 業界に大激震!! [芸能]

CMやドラマ、バラエティまで幅広く活躍する有名女性タレント・Xの“全裸写真”の存在が、マスコミ関係者の間で取り沙汰されているということで芸能界に激震が走っています。

流出経路は不明ですが、現物を確認したという芸能記者によれば「どうみてもX本人で、アスリート風男性とのツーショット写真が大量に存在する」ということですが果たして、その真相は――?


 芸能記者によれば、現在出回っているXの写真は、「過去最大級の衝撃度」(前出・記者)だということです。


「Xに関しては、現在複数の番組レギュラーを持つ“第一線級”のタレントだけに、これが世に出れば、相当の波紋を呼ぶことでしょう。仕事のメインはファッション関係ですが、世間的には『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)のレギュラーといった方が伝わりやすいかもしれません。過去に一度、異性交際が報じられたことがあるものの、有名人との熱愛やウワサはまったく公になっていない人物です」(同)


 これまでキナ臭いウワサが立つこともなく、クリーンな芸能活動を続けているXだけに、流出写真が公開されれば大騒動へと発展すること間違いなし。







「かつて交際していたとみられる男性との大量のツーショット写真は、それこそベッドの上での“セックス写真”に近いものや、2人で温泉に入っている“全裸写真”など、衝撃的なものばかり。Xの芸能人生命にも影響しかねない、爆弾写真のオンパレードなので、世間はもちろん業界にも大激震が走るでしょう」(芸能プロ関係者)


 さらに近々、メディアを通じて、これらの一連の写真が、公になるといわれているそうです。


「まだX本人や所属する大手プロダクションも、写真の存在にさえ気付いていないようです。しかし、いざ表沙汰になって騒ぎになれば、火消しに奔走しなければならないでしょう」(同)

 そのXについてはみんなが気になるところですが、ネット上では早くもこじるりではないかと憶測が広がっています。

本人は否定するんでしょうか。いずれにしても、芸能人といえどもプライベート写真をばらまいたのは誰なのか、本当のプライベート写真で故意にばらまいたとすれば、かなり卑怯ですね。今後がどうなるのか心配です。
記事引用元:2017年7月26日 11時45分 サイゾーウーマン

今井絵理子議員の略奪不倫!動画で一部始終おさえられる! [芸能]

「今井絵理子」の略奪不倫 妻子ある地方議員と“お泊り”3日間

2017年7月26日 17時0分 デイリー新潮
昨年の参院選で安倍チルドレンとして当選を果たした、元「SPEED」の今井絵理子・参議院議員(33)。元女性アイドルグループ「SPEED」として大活躍しましたね。彼女は聴覚障害のある息子を育てるシングルマザーでもあり、NHKの手話番組などに出演していたことは記憶に新しいと思います。そんな彼女が今、妻子ある地方議員と熱愛中だと週刊新潮が報じています。
ダウンロードtw.jpg
画像引用元 ツイッターより

週刊新潮に掲載される写真は、7月16日、東京方面へ向かう新幹線の車内で眠りこける今井議員とその相手の男性。
彼女を覆うタオルケットの下に男性の手がもぐりこんでいると週刊新潮は報じていますが写真で見る限り二人とも熟睡中といった感じです。

記事によれば、この前々日には今井議員がセカンドハウスとして使うマンションで、そして前日には大阪府内のホテルで“お泊り”をした姿が確認されているとのことですが、連泊で疲れてしまったのでしょうか。

 男性の正体については、橋本健という自民党の神戸市議会議員とのことです。

橋下議員のプロフィールについて見てみると、
1980年 神戸市東灘区に生まれる
1981年 ~ポートアイランドへ~
私立ホザナ幼稚園
神戸市立港島幼稚園
神戸市立港島小学校
~西神ニュータウンへ~
神戸市立竹の台小学校
神戸市立西神中学校
兵庫県立長田高等学校 

を経て

2005年 大阪大学歯学部 卒業 (歯科医師免許取得)
2006年 自民党の神戸市会議員候補者一般公募に応募
2007年 神戸市会議員選挙にて初当選(中央区)
2008年 文教経済委員会副委員長
2010年 福祉環境委員会副委員長
2011年 神戸市会議員選挙にて2期目当選【トップ当選】
2011年 福祉環境委員会委員長
2013年 大都市行財政制度に関する特別委員会委員長
2013年 自由民主党神戸市会議員団 政調会長
2014年 総務財政委員会委員長
現在に至る

となっており、輝かしい経歴です。






自身の公式サイトでは、
学生時代は学習塾を主宰し高校生に大学受験の指導。
このときに抱いた教育行政への疑問が市会議員を志す原点となる。
4回生のときに高校時代の同級生と結婚。いわゆる「でき婚」・・・というわけではない。
卒業後は議員の素養を身につけるためにロースクールにて法律を学びながら中央区内歯科医院にて地域医療に従事。自民党の神戸市会議員候補者公募に応募し公認を得る。
7年前に男の子を、2年前に女の子を授かり、「父親」になる。
「歯科医師」「塾講師」としての経験を活かして、「医療」「教育」を得意分野に市政にぶつかっています

としており、多才な人物であるようです。

キャプチャ7.PNG
橋本健議員の公式サイトより


さらに橋本議員は、昭和55年2月16日生まれで、みずがめ座のA型、趣味はピアノ・車・ゴルフとかっこいいプロフィールが並んでいます。

家族については「妻と子供(7歳・2歳)の4人家族」としていますが、報道によれば、妻とは別居状態にあるというが、離婚は成立していないとのこと。今井議員とは不倫関係になります。

「週刊新潮」の取材に、橋本議員は「恋愛感情もありませんよ」と交際を否定。一方、今井議員は好意を持っていることは認めながらも「男女の関係はありません」と回答。 “お泊り”については「深夜まで一緒に(講演)原稿を書いていたんです」と苦しい言い訳に終始したということなんですが、実際にはどうなんでしょうか。

 ***

 7月27日発売の「週刊新潮」では、手を握り合う2人、同宿するホテルでの今井議員のパジャマ姿をグラビアにて掲載するとともに、3日間にわたった熱愛の模様を報じる。また、時間差でホテルを出る2人の動画も配信中。

「週刊新潮」2017年8月3日号 掲載
関連動画:https://youtu.be/7jTcpSKonLk

韓国崩壊 慰安婦合意を破棄!10億円はどこに?! [ニュース]

0e1f2_367_20949639ab97ec6650952e950441b088.jpg

「反日」の文大統領がまた、慰安婦問題を蒸し返す動きに出た
10億円を元慰安婦らが受け取る予定も…日韓合意自体がほごにされる可能性




韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権の「反日姿勢」がさらに鮮明となった。慰安婦問題を「最終的かつ不可逆的に解決」することを確認した2015年の日韓合意に基づき、合意履行を進めてきた「和解・癒やし財団」の金兌玄(キム・テヒョン)理事長が辞意を表明したことが分かった。財団が今後、停止状態になる可能性もある。米国など国際社会が評価する合意は「破棄」同然の危機に立たされた。

 財団の関係者が明らかにした。金氏は先週の理事会で、財団の運営費が政府予算に組み込まれず、全面カットされたことなどへの責任を取って辞意を表したという。

 財団は昨年7月末に発足し、金氏は任期2年の理事長に就任した。日韓合意に基づき日本政府は8月末、韓国側に10億円の資金を拠出した。合意当時に存命だった元慰安婦47人のうち7割以上の36人が、これまでに1人当たり約1億ウォン(約1000万円)を財団を通し受け取るか、受け取りの意思を示している。

 ところが、日韓合意に批判的な文政権が今年5月に誕生すると、財団への風当たりが強くなった。政府による合意の「検証」対象に財団も含まれているとされ、慰安婦問題を担当する鄭鉉栢(チョン・ヒョンベク)女性家族相は日韓合意再協議の意思を示し、財団の活動への調査・検討の必要性を指摘している。

 事実上、文政権に追い込まれて金氏が辞意を表明したことで、財団の活動継続は困難となる。韓国側の事情で、一方的に合意がほごにされる可能性が出てきた。

 10億円の行方も問題だが、それ以上に韓国政権の裏切り行為のひどさが際立っている。

記事写真引用元:夕刊フジ

関連動画:https://youtu.be/mUq8S4OfzTQ
韓国人が日本工場から設計図を盗み韓国で製作→大ヒット! しかし、一年後その韓国人が頭を下げにくる緊急事態にw【韓国崩壊、韓国製品】https://youtu.be/XPC4tDqOOGk
日帝時代の教科書を見た韓国人が号泣!衝撃の事実が記載されていたww 韓国人「まさかこんなことがあるなんて、、」【韓国崩壊、日韓関係】https://youtu.be/tqmF3s-8dHg
緊急!血迷った韓国が来年3月から日本へ渡航を禁止にするw 文大統領「もう怒った、日本には行かせない」【韓国崩壊、平昌五輪】https://youtu.be/uXu-KJrh0_E



【加計問題】前川喜平氏のねつ造が発覚 「虚構の話」と前愛媛県知事激怒 [ニュース]

文科省OB批判の応酬…加戸前知事と前川前次官

2f32a_1231_cbd4a5ce2fcc982e334c8a11b5c4a063.jpg

学校法人「加計学園」の獣医学部新設などを巡り、国会では閉会中審査が行われています。
25日に開かれた参院予算委員会の閉会中審査で、参考人として出席した前愛媛県知事の加戸守行(かともりゆき)氏が加計学園獣医学部誘致の経緯などを証言しました。

この中で、前川喜平・前文部科学次官を名指しし、「テレビの取材に虚構の話をした」「想像を事実のごとく発信している」などと批判しました。

 前川氏はその場で「誤解だ」と否定し、「加計ありきだった」とする従来の主張を繰り返しました。

 午前9時に始まった審査には、加戸氏や前川氏が参考人として出席し二人は並んで座りました。


 加戸氏の答弁によると、獣医学部新設について、東京のテレビ局の記者から取材を受けた際、前川氏へのインタビュー映像を見せられたということですが、加戸氏が2013年1月から首相直属の「教育再生実行会議」の委員を務めていたことについて映像の中での前川氏は、「あれは安倍首相が加戸さんに加計学園の獣医学部の設置を会議で発言してもらうために頼んだんですよ」などと説明していたということです。

 さらに加戸氏は、「前川さんは、『私もその会議に出席していたが、(加戸氏は実際に)唐突に発言していた。加計学園、しかも2回にわたって』とあった」と証言。安倍首相の「意向」を受けて実際に会議で発言したかのようなインタビューになっていたということです。

加戸氏はその場で記者に否定し、「安倍首相が加戸氏に頼んだ」という部分は放送されなかったということです。この日の答弁ではテレビ局名は明かさなかったものの、インターネット上ではTBSではないかという憶測が流れています。





 それでは実際にはどうなのでしょうか。
教育再生実行会議の議事録によると、加戸氏は13年5月と10月、15年1月の会議の席上、「何回も特区でチャレンジしたが、全部けり飛ばされた」などと発言し、愛媛県への獣医学部の設置などを訴えてきたことがわかります。しかし一度も「加計学園」には言及していません。

 加戸氏は当時を振り返り、「(前川氏は)安倍首相をたたくために、全国に流れるテレビの取材に応じた。私の取材ができていなければ、流れていたかもしれない」とし、「なぜ虚構の話をするのか。作り話をしなければならない彼の心情が理解できない」と前川氏を強く批判しました。

 これに対し、前川氏は「(インタビューで)総理に頼まれて発言した、と言った覚えはない」と否定しました。

加戸氏の方を見て、「加戸先輩が捏造ねつぞうするとは思わないので、誤解だと思う」と話しましたが、加戸氏は首を横に振りました。

 前川氏はこの日の証言で、「加計学園ありきであったことは間違いないが、愛媛県や今治市が一生懸命やっていたことも事実として認めなければならない」と述べるのがやっとでした。

 加戸氏は1999~2010年に知事を務め、それ以前は文部省で官房長などを歴任しました。総務課長時代には、前川氏が約1年間、部下で、まさしく文部科学省時代の上司と部下の対立になってしまいました。

さすがの前川氏もこうなることまでは予想していなかったのではないでしょうか。
関連動画:https://youtu.be/7CHTYsHWusw



みやぞんの知られざる経歴に驚き [芸能]

ANZEN漫才・みやぞん知られざる経歴が明らかに…共演者が驚き





7月23日配信「リアル人生すごろく」(AbemaTV)で、ANZEN漫才・みやぞんの知られざる経歴が明らかになりました。

番組では、みやぞんが「すごろくにされた男」として出演し、32年間生きてきた人生をすごろくにされ、鈴木拓、みちょぱらタレントが賞金を競いました。


番組中盤、みちょぱが「19歳」のコマにたどり着くと、ここでみやぞんが19歳のときに「ミュージカルで初舞台」を踏んでいたことが明らかに!

鈴木らが「えええ! そんなことも、やってたの!?」と驚きの声を上げました。





当時のみやぞんは「常笑(じょうしょう)気流歌劇団」に所属し、ミュージカルの主役を務めたといいます。

劇団員は、みやぞんと女性ひとり以外は全員子どもで、当時の座長と仲が良かったみやぞんは「お前だったら、子どもとあんまり変わらないから入ってみろ」と誘われて入団することになったということです。

初舞台の主役は、「大地の精」の役で「お前たち人間がこの世を滅ぼす~大地は許さない!」といった台詞をミュージカル口調で熱唱していたそうで、これにMCの田村淳は「めっちゃおもろいじゃん!」と手を叩いて大ウケし、その場で2回歌わせていたということです。

みやぞんといえば最近大活躍で人間観察バラエティ「モニタリング」でも常連ですね。

天然キャラでおもしろい芸能人としては広く知られていましたが、19歳でミュージカルの主役をやっていたのは意外ですよね。
d18d9fc62370340b8953a68fe0abba09.jpg