So-net無料ブログ作成
検索選択

元少年Aを関東連合元幹部も危惧 [ニュース]

元少年Aを関東連合元幹部も危惧
【ぬぐえぬ影 連続児童殺傷20年(上)】「命がけで来てんだよな」元少年A、直撃の文春記者に態度豹変 闇に消えたのは「モンスター」なのか
2017年5月28日 7時32分 産経新聞
人目を避け、息をひそめるように暮らしていたのだろうか。

 その男性の姿を日中に見かけることは、同じ団地の住人でさえほとんどなかった。

 身長約160センチ。色白で、少しこけた頬。その男性こそが、20年前に「酒鬼薔薇聖斗(さかきばらせいと)」を名乗り、日本中を震撼(しんかん)させた神戸連続児童殺傷事件の加害男性(34)だった。

 東京都足立区。埼玉県との都県境に近い団地の一室で、加害男性は平成27年冬から昨年1月までの数カ月間生活していた。

 「夜になると、サドルに穴が開いたぼろぼろの自転車で出かけていた」。同じ棟に住む男性は、加害男性らしき人物の印象を語る。「『何か不気味な人だ』と話す住人もいた。2~3カ月で、すっと忍者みたいに消えていった」

 姿をくらますきっかけとなる出来事が、昨年1月にあった。週刊文春の記者から直撃取材を受けたのだ。

 それから数日のうちに、加害男性は入居時と同様、ひっそりと退去していった。だが2月になって「元少年A、33歳」という見出しの近影写真とともに記事が掲載されると、ピンと来た住民も少なからずいた。

 「もう団地にはいない。住人が怖がるので話題にするのを避けている」。自治会長は言葉少なに語った。

逃げる記者を追い回す

 愛媛、徳島、神奈川、静岡、そして東京…。9年10月に収容された関東医療少年院(東京都府中市)での矯正教育を経て、16年3月に仮退院した加害男性。その後、どこに居住しているかをめぐっては、多くの噂が飛び交った。

 懐疑の目を向けられては転居を繰り返したのか、27年6月に犠牲者遺族に無断で、「元少年A」という匿名で出版した手記「絶歌(ぜっか)」には、日雇いや少年院で身につけた溶接工の仕事で食いつなぎ、ネットカフェや簡易宿泊所を転々とする日々がつづられている。

 両親ですら会って話を聞きたいという希望がかなわない中、直撃取材に成功した週刊文春の記者は半年以上をかけ、20年前とは別の名前で暮らす住居を特定したという。

 記者によると、加害男性に名前を確認したところ、「何のことか分からない」と答えていたが、途中から様子が一変した。

 「名刺も手紙もいらねえよ」「命がけで来てんだよな」

 脅しとも取れる言葉を発し、異変を感じて逃げる記者を約10分間、執拗(しつよう)に走って追いかけてきた。記者は「(加害男性は)ポケットの中で何かを握る素振りを見せながら叫んでいた。更生できているのか疑問に感じた」と振り返る。

元半グレ幹部からの接触に反応

 「僕」を主人公とする小説風にまとめた「絶歌」の出版から3カ月ほど後、加害男性は「存在の耐えられない透明さ」と題したホームページを開設した。

 本人とみられる顔を隠した写真に、露悪趣味の塊のようなイラスト。自己顕示欲の発露そのもののHPには、連絡先としてアドレスが記されていた。

 取材申し込みや好奇心、あるいは糾弾…。さまざまな動機で送られたメールの中で、交流を求めて返信を受けた一人が作家の柴田大輔さん(38)だ。

 柴田さんは東京・六本木のバット襲撃事件で悪名をはせた半グレ集団「関東連合」の元幹部。襲撃事件には関わっていないが、アウトローの世界で生きてきた人物からの接触に、なぜか加害男性は反応した。メールには出版後の暮らしぶりなどが記されていた。

 《ビジネスホテルを転々としている》《(マスコミが居場所を捜しており)落ち着かせてくれる気配がない》《今の世の中にはレールから外れてしまうとどこにも戻れる隙間がない》

 自らが起こした事件への反省には触れず、不幸を嘆くような言葉ばかり。しかも、《(レールから外れた人たちで)表現者集団を作りたい》という壮大な?夢?までつづっていた。

 「事件と向き合っていない」と思わざるを得なかったという柴田さん。手記を出した出版社など周囲の大人の「無責任さ」も指摘した上で、こう危惧する。

 「追い詰められたら何をしでかすか分からない。もしかするとモンスターを野放しにしてしまったのかもしれない」

 ほんのつかの間、残像を焼きつけ、再び社会のどこかへ消えた加害男性。ホームページも閉鎖され、その消息は杳(よう)として知れない。

◇ 

 平成9年5月27日、神戸市須磨区の中学校の校門前で、行方不明だった男児の遺体の一部が発見された。遺体に添えられた「さあ、ゲームの始まりです」という挑戦状は社会に激震を引き起こした。14歳の凶行から20年。手厚い矯正教育を経て加害男性が戻った社会はいまなお、暗い影がぬぐえない。事件は社会に何を刻んだのだろうか。

 【用語解説】神戸連続児童殺傷事件 神戸市須磨区で平成9年2~3月、小学生4人が殴られるなどする連続通り魔事件が発生し、3月23日に山下彩花ちゃん=当時(10)=が死亡。5月27日には土師(はせ)淳君=同(11)=の遺体の一部が「酒鬼薔薇聖斗」を名乗る挑戦状とともに発見された。兵庫県警は6月28日、中学3年で14歳だった加害男性を逮捕。関東医療少年院に収容された加害男性は16年3月に仮退院、17年1月に本退院した。
https://youtu.be/xdTZuW0KHCs
記事引用元http://news.livedoor.com/article/detail/13122939/
関連動画
元少年A・酒鬼薔薇聖斗の現在の住所と顔写真が判明… 最新情報が続々と集まるhttps://youtu.be/DIkXBMvHIVA
【酒鬼薔薇聖斗】松本人志 神戸連続殺傷事件の犯人が綴った絶歌に「僕は読まない」https://youtu.be/uCUKmLVfGas
進撃のセンスプ 今度は元少年Aに直撃して素顔を晒す
https://youtu.be/2gnakbeHAEc

小籔千豊が松本人志にするダメ出しの内容 [芸能]

小籔千豊が松本人志にするダメ出しの内容
28日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、小籔千豊が、松本人志にダメ出ししていたことを明かした。

番組では、宮崎駿監督が19日に引退を撤回し、長編アニメーション映画の制作を決めたことを取り上げた。

このニュースから、スタジオでは偉くなっても周りに批判する人間がいたほうがモチベーションとなるのではないかという議論となった。すると社会学者・古市憲寿氏が、小籔に「松本さんにダメ出ししたことはあるんですか?」と尋ねたのだ。

小籔はこれを否定するも、すぐさま松本が「いやいや、あるよ!お前!」「飲んでるとき、結構ダメ出しする!」と暴露。これに小籔は「ただ、言うときますけど、お笑いのことではないですよ。政治的な思想でダメ出ししたことはあります」と嘘をついたことを認め、スタジオは爆笑となった。
https://youtu.be/8yZqPGDd3Mk
記事引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/13123800/
関連動画:
【爆笑】cowcow多田と小藪さん面白すぎやろww
https://youtu.be/0MG37FD2x_M
【芸人リストラ】小藪千豊やサバンナ高橋が消える?芸人コメンテーターから専門家へシフトか。フジテレビ大革命
https://youtu.be/fTx6pfBK6HU
千鳥 ノブが小藪に激怒!!!  おもしろすぎるwww 爆笑シリーズ 2本つづけてどうぞ!!
https://youtu.be/nuUx-VcUJhc

前川喜平前文部科学事務次官出会い系バー出入りの真実とは [ニュース]

出会い系バー出入り「女性の貧困を実地視察調査」 前川喜平前文部科学事務次官文部科学省の再就職あっせん問題により引責辞任した前川喜平前文部科学事務次官は25日、都内で記者会見し、在職中に出会い系バーに頻繁に出入りしていたと読売新聞が報じたことについて「行ったことは事実」と認めた。その上で「女性の貧困について、ある意味実地の視察調査の意味合いがあった」と釈明した。

 出会い系バーに出入りするきっかけについては「バーでデートの相手を見つけたり、場合によって援助交際の相手を見つけたりしてお金をもらう女性の姿を紹介する番組を見て、実際に会って話を聞いてみたいと思った」と説明。バーで出会った女性と食事をしたり、お金をあげたりして話を聞いていたという。

 前川氏は「バーに出入りしたことで文科行政、教育行政の課題が見いだせた。そういう意味では役に立ったと思っているし、意義があったと思っている」と強調した。 
記事引用元:産経ニュース
      http://www.sankei.com/life/news/170525/lif1705250062-n1.html
https://youtu.be/Dpb8WCTTXss
関連動画:
【加計学園】民進党、前川前事務次官を「法律違反」と断罪した証拠映像!わずか3か月で見事な手の平返し…【ニュースの視点《viewpoint of news》】
https://youtu.be/cjMWDh0XXFs
【加計学園】長嶋一茂がTVでド正論「前川喜平さんはなぜ天下り斡旋した?公正公平?人格者アピールされても信じられん!」
https://youtu.be/ZpVsSGJObSU
前川喜平が完全に詰む… 怪文書が本物なら逮捕へ
https://youtu.be/E028XJ8G7Kc

【速報】ざこば師匠 桂ざこば 緊急入院で症状は?! [芸能]

桂ざこばが緊急入院…「塞栓性脳梗塞」「左中大脳動脈閉塞症」と診断
落語家の桂ざこば(69)が27日に大阪市内の病院に緊急入院したことが28日、所属事務所から発表された。精密検査の結果、「左中大脳動脈閉塞症」「塞栓性脳梗塞」と診断され、1か月以上の入院加療を要するという。
ざこばは27日、出演を予定していた大阪松竹座六月公演「銀二貫」(6月1日初日)のけいこ場へ向かう途中に体調を崩し、けいこ場に到着した際には足がもつれ、言葉も不明瞭だったことから救急車で搬送された。搬送時、意識はあったという。

 手術するかどうかなどは未定。同公演、テレビのレギュラー、落語会などはしばらくの間、休演する。
スポーツ報知 5/28(日) 11:56配信
https://youtu.be/TPUserFu3W0
関連動画
桂ざこば、故・やしきたかじんさんとの“絶縁”の理由を告白!
https://youtu.be/QvvAA_eALbc
桂ざこばが緊急入院…「塞栓性脳梗塞」「左中大脳動脈閉塞症」と診断
https://youtu.be/mhf-S893F1Y
桂ざこば   子は鎹
https://www.youtube.com/watch?v=wPmYU...

桂ざこば、故・やしきたかじんさんとの“絶縁”の理由を告白!
https://youtu.be/QvvAA_eALbc

落語「天災」 桂ざこば
https://www.youtube.com/watch?v=2MU-z...

【引用URL】
http://www.nikkansports.com/entertain...

安住アナが態度を変える女優とは… [芸能]

安住紳一郎アナ、米倉涼子がゲスト時は「目に星3つくらい入ってる」

2017年4月8日 1時48分 RBB TODAY

7日に放送された『ぴったんこカン・カン』(TBS)の中で、安住紳一郎アナウンサーがスポーツ紙で報じられた米倉涼子との結婚についてイジられる場面があった。

 渡辺えりから「私のおかげでそろそろ結婚も近いそうじゃないですか」と話を切り出された安住。実はスポーツ紙の報道は、以前同番組での渡辺の暴露がきっかけ。渡辺は「安住さんがいいなと思ってる女優さん知ってる」と安住が米倉のお芝居に花を贈り、観に行っていたと明かしたのだ。大竹しのぶ、キムラ緑子、渡辺が「おめでとうございます」などとはやしたてるのにタジタジになりながらも、安住は「えりさんが言ってたことがそのまま記事になっただけでしたよ」と必死に釈明した。

 2人で食事もしたことがないと否定するも、「(米倉を)好きだって言ってましたよね?」と問われると「私は好きです」と答え、渡辺に「じゃあ片思いですか?」とつっこまれてしまった安住。女優3人組から「私たちと米倉さんとは態度が違うのよね」「(米倉がゲストのときは)目に星が3つぐらい入ってるの」と安住が言い返す暇もないほどイジられ続けた。
https://youtu.be/GDq6sFR9stQ
関連動画:
安住紳一郎の日曜天国 2017年04月02日
https://youtu.be/N0yELPpwksY
新垣結衣と安住アナが航空自衛隊基地巡り 空飛ぶ広報室
https://youtu.be/as1phx1lSQg
SMAP・中居、木村、草なぎ、香取、稲垣の5人がそろった姿に、安住アナも感極まる!! TBSに感謝するファン続出!!
https://youtu.be/wluAeYVjJyI

大久保佳代子が絶対にナンパされる海岸に水着で行った結果… [芸能]

大久保佳代子の水着写真にスタジオ爆笑「これはもう、キツすぎる!」

2017年4月8日 13時19分 トピックニュース

7日放送の「究極の○×クイズSHOW!! 超問! 真実か? ウソか?」(日本テレビ系)で、大久保佳代子の、ナンパビーチでの悲劇が明らかとなった。

番組では、大久保とKAT-TUN・亀梨和也がクイズ対決で勝敗を競った。負けた方が「恥ずかしい秘密」を暴露するこの企画で、勝者となったのは亀梨だった。

そこで大久保の秘密が紹介される。それは、絶対にナンパされるというフィリピン・セブ島の海岸に行った際のことだったとか。いとうあさこと共にビキニで出向いたものの、結局誰からも声をかけられなかったというのだ。

当時の様子を収めた写真が公開されると、スタジオからは爆笑が起きる。お腹が出たビキニ姿で立つ大久保といとうの姿に、FUJIWARA・藤本敏史は目を見開き、「これはもう、キツすぎる!」「逃げるって。前から来たら」と本音を漏らしてしまう。

この発言に司会の有吉弘行も「鬼が来たようなもんですよね」と同意し、大久保は「これは本当ごめんなさい」と謝罪したのだった。
https://youtu.be/jlebKkFd62s
関連動画:
2017.04.06 ゴチャ・まぜっ天国! 【ゲスト:大場美奈(SKE48)】 大久保佳代子・武井壮・小坂温子・おおかわら(鬼ヶ島)
https://youtu.be/8ESyyeBA7HY
大久保佳代子 袋とじ で エグボディー ギリギリ 露出
https://youtu.be/HGTDlmGWvbg
ゴチャ・まぜっ天国! 2017年4月6日 大久保佳代子オアシズ、武井壮、小坂温子、おおかわら鬼ヶ島、須田亜香里(SKE48)
https://youtu.be/15_GnNM928E

ダウンタウン松本人志が新幹線で若者に… [芸能]

松本人志が新幹線で若者に注意 背もたれフルで倒され「おい!上げよか!」

2017年4月8日 13時3分 トピックニュース

7日放送の「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)で、ダウンタウン・松本人志が、新幹線で背もたれを倒す若者に注意したことを明かした。

番組では、怒ることがほぼないというゲストの俳優・要潤に松本が意見した。松本は「マナーの悪い若者とか、注意するときはしたほうがいい」と告げ、以前に新幹線で起きた出来事を語った。

松本によると、そのとき自身の前に座る若い男性が、背もたれを最大まで倒して弁当を食べていたという。その男性に対して、松本は「寝てるなら全然いいけど、メシ食うてんねんで!?」と声を荒げた。そして松本は、その男性に「おい!」と声をかけ、「上げよか!」と怒りをあらわにしたというのだ。

この出来事について、松本が相方の浜田雅功に「やるよね?」と同意を求めた。すると、浜田は「やらない」「けんか腰で言うたら、ややこしくなる」と返し、松本は「ええええ~!?」「どの口が言うてんねん!」と驚愕していた。
https://youtu.be/Wsfiz3jYoig
関連動画:
ガキの使い  2017年4月2日 170402 Live
https://youtu.be/a_y2fSPgIQA
ガキの使い 04月02日 170402
https://youtu.be/8mu4e1VC1pE
ダウンタウンなう 2017年4月7日 17 04 07
https://youtu.be/OlU70atJEqY