So-net無料ブログ作成
- | 2015年09月 |2015年10月 ブログトップ

ラーメン店強盗殺人犯人宮地良多容疑者逃走は警察のミスなのか [ニュース]





愛知県春日井市のラーメン店で店員二人が襲われ、死傷した事件で、愛知県警は29日、同市牛山町、元店員宮地良多容疑者(27歳)を強盗殺人などの容疑で逮捕しました。

宮地容疑者は、任意で事情聴取を受けていた春日井署を出た後、29日未明に名古屋市の名鉄・神宮前駅付近で捜査員を振り切り所在が分からなくなり、県警が指名手配をして行方を追っていたところ、大阪府岸和田市内で発見したということです。

警察発表によると、宮地容疑者は24日午前5時ころから同7時15分ころ、春日井市高山町の「うま屋ラーメン春日井朝宮店」に侵入。鈍器のようなもので、店員の荻原典章さん(35)と男性店員(39)の頭を複数回殴って、荻原さんを殺害、男性店員に重傷を負わせたうえ、倉庫内の金庫から売上金約250万円などを奪った疑い。容疑を認めているということです。

宮地容疑者は8月31日まで同店で勤務していました。

事件当日の今月24日、捜査員に電話で「23日から大阪にいる」などと説明。
しかし、捜査の結果、愛知県内にいたことが判明し、県警は改めて事情を聴いていました。

県警は29日大阪府の親族宅などを捜索し、店から奪ったとみられる約195万円入りのバッグを発見したということです。

さて、このニュースの中で、一部マスコミの報道の仕方に疑問を感じました。

主には、いつものことながら、テレビ朝日の報道ステーションです。

番組前の予告の中で「ラーメン店強盗殺人容疑者捜査員の前から逃走」

たったこれだけですが、いつものことながら、いかにも警察のミスと言わんばかりの告知の仕方です。

直後には大阪府内で検挙となりましたが、報道ステーションのほかにも、「警察署で事情聴取中に…」というような報道の仕方が一部であり、埼玉県熊谷市の事件と関連付けたいのかと思わせるような論調もありました。

さて今回の事件、本当に警察の不手際と言えるのでしょうか。

重要参考人として宮地容疑者から事情聴取していたとはいえ、この時点で任意捜査です。

警察は未だ、逮捕状をとれるだけの資料を得ていなかった、もしくは逮捕状の発付が未だなされていなかった、ということになります。

そのうえで、重要参考人から任意で事情聴取をしなければならなかったということです。

任意の段階では、刑事訴訟法や過去の判例に照らして、任意性に疑義が生じない範囲で捜査しなければなりません。

任意性が否定されると、いくら被疑者が犯行を認めても、裁判で有罪にできないといった可能性もあります。

つまり、警察としては、取り調べに応じるよう説得を継続するしかなかったということになります。

こうした前提を踏まえて、今回を見てみると、容疑者は警察署から帰りたいといった外に出て、名鉄神宮前駅まで歩いたというのです。この間約20キロメートルとのことです。

捜査員はこの間一緒に歩きながら説得を継続しています。その中で急に走り出して逃走したということです。警察は出来る範囲でやっていたと言えるのではないでしょうか。仮に無理くり押さえつけて捕まえていたとしても、根拠もないし、不当逮捕になってしまうということだったのです。

実態を見ないで、政府や警察等、批判してれば視聴率がとれると思っている報道ステーションには見ていて嫌気がさしてしまいます。




「韓国大統領安保関連法案成立に警戒感」今の韓国とは分かり合えない [ニュース]





国連総会で、各国首脳による一般討論演説が始まりました。

韓国の朴槿恵大統領は、日本の安全保障関連法の成立に警戒感を示したとのことです。

韓国の朴槿恵大統領は、「最近、北東アジアの安全保障に深刻な結果をもたらしかねない動きが、地域の国々に疑念を与えている…」と述べ、日本が安保関連法案を成立させたことについて、「透明感を持って履行されなければならない」と警戒感を示したということです。

ところで、韓国は本来民主主義国家で、日本とは歴史的な問題はあるにしても、軍事面では同盟関係にあったはずです。

対北朝鮮を例にとっても、同じ民主主義国家として、共同して拉致問題の解決や軍事的挑発行為の抑止に取り組まなければならなかったはずです。

しかし、昨今の韓国はどうでしょうか。特に朴槿恵大統領になってから「慰安婦問題」の一点張りで、取り付く島もないといった感です。

日本は「常に対話の扉は開かれている」としていますが、韓国政府は「慰安婦問題」だけにこだわり、全ての対話を閉ざし、共産党国の中国とともに、日本バッシングばかり繰り広げています。

韓国初の女性大統領として注目されていましたが、結論からいうと、大統領としての器(うつわ)がないのでしょう。

国内世論のために、外交を犠牲にしている側面もあるのかもしれませんが…

本来であれば共通の価値観に基づき、軍事面で協力しなければ、北朝鮮や中国の脅威に立ち向かえないはずなのに、対局を見誤って、日本の集団的自衛権行使に警戒感を示したというのです。

これは、もう共産党と同じですね。

こんな韓国が北朝鮮から軍事攻撃を受けても、守る必要もありません。(韓国国民は気の毒ですが)

かつての韓国大統領は、「未来志向の日韓関係」とポジティブな外交のとらえ方をしていましたが、現在の朴槿恵大統領のもとで韓国と分かり合えることは100パーセントないでしょう。

韓国と対話の機会を探るだけ、時間と労力の無駄と改めて感じます。
韓国が成熟した先進国家になれないのは、本当に気の毒なことだと思います。



北斗晶さん手術終了 [ニュース]





タレントで元女子プロレスラーの北斗晶さんの右乳房全摘出手術が24日、終了しました。
夫の佐々木健介氏(49)がファクスで無事終了を報告しました。


 健介氏は直筆のファクスで「無事終了しましたことを皆様にご報告させて頂きます。家族四人で力を合わせて癌に負けないように頑張っていきます」とマスコミあて報告しました。

 手術は午前中に始まり昼過ぎには終了、現在は痛みが強く、痛みを忘れられるよう寄り添っているということです。

 さらに直筆ファックスでは、「長い闘病生活になりそうですが皆様の前に元気な姿で一日も早く立てます様、妻も頑張ってくれると信じています。皆様には変わらぬお力添えをお願い申し上げます」としています。

ところでみなさん、この直筆ファックス見ましたか?すごく達筆でびっくりしました。

まさに健介氏の人柄を物語っていると思います。

また、北斗晶さんも手術後初のブログを更新し、経過について「順調に回復しています。自分の足でトイレにも行けるようになりました」と書き、右手のリハビリも始めたとしました。

北斗さんは「オッパイが片方ないのは、洋服の上からでも分かるんだけど、どうしても自分ではまだ右胸を見る勇気がなくて…。見たら、パニックになっちゃいそうなので、もう少し落ち着いたら、気持ちをしっかり持って1歩進めればと思います」と、戸惑いもつづっています。


リンパにも転移していたとのことで、かなり心配ですが、本当にテレビに復帰してもらいたいと心から思います。


【速報】北斗晶ブログ(アメブロ)で乳癌告白 [ニュース]




タレントで元女子プロレスラーの北斗晶さんがアメブロの公式ブログで23日、乳がんを告白しました。

「またねと言わせて」と題したブログでは、乳がん検診を定期的に受けていたものの、胸に違和感を覚え、診察を受けたところ、乳房を全摘出しなければならないほどの癌であることが綴られていました。


北斗晶さんは、最近髪を45センチ切って「似合う」などと話題になっていましたが、抗がん剤治療で頭髪が抜けることを見越したカットであったとのことです。


ブログでは、「私は今、病院のベッドに居ます。昨日の夕方の生放送を最後に、本格的な闘病生活に入る事になりました。病名は…乳癌です。」と明らかにし、24日朝、右乳房の全摘手術を受けることを明らかにしています。


北斗さんはブログの中で、自らの身体に起こったことについて、「青天の霹靂」とし、乳房を 全摘出しなければならないという結果に心が付いて行けず、温存療法を模索するも、それ以上に進行が早かったことを明らかにしています。


主治医から「胸の事よりも今は5年先、10年先、生きることを考えましょう。」と言われ、温存療法が使えるレベルではなかったことを物語っています。

今だけ!人気スマートフォン実質0円!



北斗さんといえば、「元気で料理が上手ないいおばちゃん」のイメージがあり、番組でのコメントでも筋が通ったスポーツマンらしい発言が好きでしたし、また、公式ブログでも、「母乳母乳って騒ぎすぎなんだよ」「出ねぇもんは出ねぇ」と、母乳が出なくて悩んでいる母親を追い詰めている風潮に一石を投じるなど、本当に好感の持てるタレントさんです。

今回のブログの中でも、告知されてからの数ヶ月、決まっていた仕事はキャンセルせずに、全てこなしてから手術する事にし、昨日まで走り抜けた…とあり、やはりテレビで見るそのままのイメージの人なんだと感じさせました。


また、ブログの中では、一般の女性に向けて、乳がんの早期発見に向けた呼びかけをしており、いつもながら、姉さん的な人柄がひしひしと伝わってきます。


北斗さん、明日の手術、不安な気持ちで過ごしていると思いますが、絶対助かると信じていますので、頑張って下さい。

またテレビで北斗さんを見たい!と心から思いました。




「セクハラだ!」野党の女性議員に批判殺到 [ニュース]

kokkaiimage8MSN0NSB.jpg封鎖の女性議員「セクハラ」騒ぐ




参議院平和安全法制特別委員会は16日夜、安全保障関連法案の締めくくり質疑を行う予定でしたが、17日未明になっても委員会は開かれませんでした。
同委員会理事会室の外には、野党議員が押し寄せて、理事会室から委員会室に鴻池委員長が移動するのを阻止しました。
この際、野党の女性議員はピンクの鉢巻き姿で、封鎖を解除しようとした与党の男性議員に「セクハラだ!」などと食って掛かりました。

男性議員と「触った」「触らない」で口論となり、女性議員らが「セクハラ反対」などと絶叫しました。

山崎参議院議長が女性衛視を投入しましたが、野党女性議員らは「こんな時だけ女を使うな」と反発しました。

女性議員の行動に批判殺到

この女性を盾にしたなりふり構わぬ抵抗戦術に、女性自らが女性の社会的地位や発言権を弱めかねない行動をしているなどと批判が出ています。

「国会議員自らが、国会議事堂内で、自分の身体を抵抗戦術のために使って『セクハラだ』等と訴 えたというニュースに衝撃を受けた。」

「言ってみれば、満員電車の中で示談金のおカネ目当てに『痴漢被害にあった』と訴え出る女性と 同じことをしているのでは」

「言葉は悪いが、やってることが売春婦と同じ」

これでは、社会の中でまじめに働いている女性、本当にセクハラ被害にあっている女性にとって、セクハラ根絶は程遠い話となってしまうと思います。

国会議員ともあろう女性たちが、今回自分たちの身体を使って、あるいは「セクハラ」という言葉をそういう阻止活動の中で使ったということは、かなり問題があろうと思います。

女性の地位向上に向けた施策や、セクハラ根絶に向けた施策の策定が期待されている国会議員がこれでは、まだまだでしょうね。













アルバイト短期の募集で




アルバイトを短期でいろいろやった学生時代
私は大学時代、学生のうちに少しでもいろんな経験をしておきたいと、色々なアルバイトをしました。そのまま長く続けたほうが、時給も上がるし、慣れるしという利点もありますが、色々経験しておきたかったので、あえて短期で募集のあるアルバイトをしたのです。
アルバイトの中で短期の募集といっても、結局どれも1年くらいは続けました。あまり短すぎても、学ぶことにはならないと考えたので。
これまでの私の拙いアルバイト経験が学生さんやアルバイトを探している方の参考になれば幸いです。

アルバイトその1 交通誘導の警備員 
警備会社の募集広告を見つけ、一番最初は交通誘導の警備員をしました。よく工事現場で見かける旗とか誘導灯を持ったアレですね。私が行ったところは、採用後1日くらいかけて講習みたいなのをしてくれ、赤と白の旗での合図の出し方、バックしてくる車両の誘導の仕方等を教えてくれました。
例えば、片側車線を規制してのときは、自分のほうの車を行かせるときは、反対側に立っている勤務員に対し赤旗を振り「こちらから行かせるからそっち止めておいてくれよ」という合図をします。逆に「こっち止めておくから、そっちから送っていいよ」というときは、相手のほうに白旗で合図してあげます。
これは、身体で覚えてしまえば結構簡単でした。また、ほとんどは、自分が指示したとおりに車が動いてくれるので、気持ち良かったりします。
現場によって何人ペアで行くかも変わりましたが、そんなに難しい作業ではありませんでした。
中には、通行止めの道路の入り口などで、住民対策のためだけに立っていることもありますが、これは結構暇すぎて大変です。まだ頻繁に車が来てくれるほうが、時間を感じずにいることができてよかったかもしれません。
大変な点は、真夏ですと、当然かなり暑いですし、真冬、雪の中でずっとたっていると死にそうになります。工事現場の職人さんが時々ジュースをおごってくれたのが、今でも忘れられない思い出です。また、工事現場で沿道に立っているため、空気が悪いのは仕方がないことなのかもしれません。
アルバイトその2 ホテルでの配膳
大学生だった時に、所属していたサークルの先輩がホテルの配膳のアルバイトをやっており、時給もよかったことから迷わずやってみました。
配膳人の派遣会社があり、そこから要請のあったホテルに派遣され、披露宴やディナーショーで料理を運んだり、婚礼の進行のお手伝いをするというものです。
時給は10年以上前で1000円を超えていましたから、かなりいいほうだと思います。
約束事があり、
 ① 頭髪はジェル等で固めること
 ② お客さんから何か聞かれたら絶対に「わかりません」とは答えないこと
 ③ 客席の中で走らないこと
 ④ 客前で髪を触らないこと
などです。これは今でもサービスの基本だと思っています。ですから、最近ファミリーレストランに行った時など、客席でバタバタ走ったり、髪をかき上げたりしている若い女の子のウェイトレスさんなんかを見ると、基本がなってないな~なんで見てしまいます。
 
話は逸れましたが、このアルバイトは結構やりがいがあって、多くの人にとっては一生に一度の結婚式という人生最大のセレモニーに携わることが出来て、演出のお手伝いができることです。
大変なところは、ホットウォーマーから出したばかりの熱いお皿を運ばなければならなかったり、婚礼の進行具合に合わせてコース料理を出していくのですが、女性のお客さんなどは、話に夢中でなかなか料理を食べてくれなかったりと苦労も多いです。
さらに、一つの婚礼が終わったら、同じ会場で次の婚礼があることもあるため、その準備をするのですが、テーブルの配置からテーブルクロスまで短い時間で全て変えなければならないので、重労働もあります。喉は乾くし、忙しいし、結構大変でしたが接客サービスの基本はかなり身につきました。

アルバイトその3 ビアレストランの厨房 大手ビール会社の運営するビアレストランがオープンし、そのオープニングスタッフとして厨房アルバイトをしたことがあります。フライヤーでポテトを揚げたり、肉を焼いたりと、特に夏場の繁忙期は目の回る忙しさでした。でも、社員さんがユーモアある人で楽しかったです。
大手ビール会社が運営しているとあって、アルバイト終了後、店で社員さんが作ってくれたまかないをいただくのですが、この時、キンキンに冷えた、しかも超新鮮なビールを飲むことができるのです。厨房のアルバイトで火を使って汗だくになった直後だからか、人生で初めて「ビールって最高にうまい!!」と思った瞬間でした。依頼今でもビールは好きです。

アルバイトその4 スーパーマーケットの品出し
 大手スーパーの品出しもやりました。これは、バックヤードの商品在庫から売り場にどんどん商品を出していく作業で、難しくもなく楽しくやれました。
 売れるための商品の陳列の仕方もあり、勉強になりました。レジの女の子やほかの品出しのバイト仲間もみんな大学生だったため、仲良くなり、バイトが終わった後によく飲みに行ったり、はたまた夜景ドライブに行ったりしました。
 また、いつもの恒例行事で、夜間副店長が閉店後、バイト学生らに店の外で缶コーヒーをおごってくれて、若かりしころの武勇伝を聞かせてくれました。いい思い出になっています。

アルバイトその5 万引きGメン
 極めつけは万引きGメンをやりました。警備会社で募集がかかっていたので、応募したところ採用となりました。一日がかりで刑事訴訟法等、一般私人でも現行犯人逮捕できることなど、根拠となる法令を簡単に教えてくれました。また、誤認逮捕は絶対に許されないので、ここでは詳細語れませんが、声掛けしてもいい場合と、声をかけてはいけない場合などを研修含め教わりました。
 見習い期間中に、目をつけていた少年グループがお菓子売り場で大胆に大量に万引きするのを現認。店を出たところで捕まえた時は少年が暴れおおとりものとなりましたが、初手柄となり、うれしかったのを今でも覚えています。この時は、少年に声をかける前に、一緒にペアで入っていた女性Gメンにも連絡していたため、協力して逮捕しました。少年に声をかける前にズボンのベルトをがっちり掴んでいたので、少年が逃げようとして暴れましたが、服の下に隠していたお菓子が大量にその場に落ち、彼は逃げることができませんでした。でも、あわや事後強盗になるところでした。このように危険を感じることもありましたが、このアルバイトをして、CDを万引した少年、スーパーからコメを担いで逃げる中年等を追いかけたり(逃げ切られたが商品は取り戻せた)、貴重な経験をさせてもらいました。
 本屋やスーパー、ホームセンターなどに入り、客を装って商品を見るふりをしながら客の動きを見る、とても繊細なアルバイトでした。

まとめ
 これから色々経験したいと思っている特に若い方は、期間が短すぎても得るものが少なくなるし、やさしいアルバイトばかりでもいけないと思います。
 厳しい、大変なアルバイトも是非経験してその後の人生に役立てていただきたいと思います。





つんくさん声帯摘出を語る(読売新聞9・8朝刊記事から)



つんくさんの生き方に共感(読売新聞9月8日朝刊記事から)


 咽頭がん治療のために声帯を摘出したミュージシャンのつんくさん(46)が、手記「だから、生きる。」(新潮社、10日発売)の刊行を前に、読売新聞社の単独インタビューに応じ、がんの発覚から、手術を経て声を失った現在までの心境を明かした。4月に母校の近畿大学の入学式で病状を公表して以来、その言葉が公の場に出るのは初めて。
 
 読売新聞の単独インタビューで語られたつんくさんの生きざまは、共感でき、また病気と闘っている人の励みにもなると思いましたので以下に紹介します。

 告知を受けた時の衝撃、以来ずっと胸を離れることのない「僕はあと、どのくらい、生きられるのだろうか」という不安、懸命に支えてくれる家族への感謝。つんくさんは、生と死の間で揺れ続けたこの1年半の思いを、キーボードに打ち込むことで「語った」。
 今は「君に頼らずに、自分は何ができるのか」と模索している段階だといい、命に限りがあるとはっきり意識した上で、「残りの人生を楽しく生きる」と決めているのだという。

声帯摘出 つんくさん単独インタビュー

 咽頭がんとわかったのは2014年2月。
(略)「告知された時には、頭の中が真っ白になりました。悪い結果を予想していなかったんで す」
嘘やろ。俺はまだ45歳やで!余命は?妻や3人の子供はどうなる?一気に湧きあがった様々な思いに胸を塞がれ、その場にへたり込んでいた妻の加奈子さんの手をぎゅっと握りしめた。
…進行度はステージⅡ。病院での治療は放射線と抗がん剤を使い、声帯を温存するものだった。
副作用に悩まされたが2014年9月には医師から「完全寛解」のお墨付きをもらい、メディアにも発表。がここでも思わぬ事態が待ち受けていた。喉の違和感が消えず、他の病院で検査すると、がんが残っていると判明してしまう。
もう残された治療法は手術しかなかった。それは声を失うことだった。
「でも声帯を摘出することにそれほど悩んだわけではなかったんです。気持ちを切り替えました。声はなくなっても生きていける。まあ悩んでいる時間もなかったんですが」

…生きなければならなかった

子供たちは幼い。これまで身長が足りず水族館併設の、巨大な船がブランコのように揺れるアトラクションに乗れなかった息子が今年は親子で乗れた。「ええ顔してましたよ、彼は。顔を真っ赤にしながら、でも怖いとは言わずに。こういうリアルな成長を感じると、生きてるなぁ、まだまだ生きないといかんなぁって思うんです」
できることなら長生きしたい。子供たちの今の笑顔を見ていたいし、彼らの子供が生まれてくる日にも立ち会いたい。でも・・・。「短命でも楽しみながら死んでいったヤツがいたら、それはそれで勝ちやなって」運命なんてものがあるのかどうかは分からないが、いずれにしても、不満を言っているだけではつまらないし、何も始まらない。「だから『お父さん、かっこいいやん!』って思えるような実績も残したい。妻が自慢できるような旦那でもありたい」大事なのは「今」。
声帯を取ったことが、最善の選択だったのかどうかは分からない。だから思う。「その判断をBESTにするよう生きるしかない。それが今の僕にできること」(出典:読売新聞9月8日朝刊)


夫による妻の産後うつ体験記 



はじめに・・・

最近、「産後うつ」でお悩みの方も多いようですね。我が家もそうでした。

でも「産後うつ」は仮性うつと言われ、半年程度で治ると言われています。(我が家は1年かかりました(-_-;))

産後うつは、対応を誤らなければ必ず治ります。一方、産後うつを原因として、夫婦仲が悪くなり、離婚に至ったケースも実際あると聞きました。我が家の体験を参考にしていただければ幸いです。 

出産後病院で・・・謎の涙

 一番最初は、既に長女出産直後にありました。理由もなく涙が出る、悲しくなるという状態が、出産後2、3日であったようです。この時は私も妻の異変を軽く考えていました。

妻が救急搬送

 妻は里帰り出産だったのですが、まず、産婦人科を退院し、実家に戻ってから異変がありました。妻が、彼女の両親に対し敵意をむき出しにしたのです。

当時は、里帰りなのに、育児に対して全然手を貸してくれないというものでした。この時は、私も、「甘えているだけだろう。初めての育児でテンパっているだけだろう」と思ってました。

第一子長女出産から一ヶ月、間もなく里帰りが終わって元の生活に戻ろうかという時に、私の職場の上司の家庭面談がありました。上司もいい方で、気を遣ってくれて、妻の実家のそばの喫茶店で面談をしました。

一通り、他愛もない話を終えて面談は、終了。。。さあ、家に帰ろうかと思いきや、突然妻が、喫茶店近くの大型商業施設のトイレに駆け込み、倒れてしまいました。施設の方に協力してもらい、トイレから救出。施設の救護所で妻が過呼吸状態になったことから救急車を要請。



病院に運ばれて、単なる過呼吸と診断されました。後から妻に聞けば、面談が辛く、普通に後から聞けばなんてことない話も、全てイライラしてしまったとのこと。今考えれば、妻の言っていることが若干おかしかったのですが、この時はまだ、産後うつの予兆と知る由もありませんでした。

がしかし、これが苦労の始まりでした。

妻が夜中に涙・・・不眠症へ

里帰り出産が終わり、長女の夜泣きと戦っていたある夜のこと。

ヨメが、夜中にムクッと起きてベッドの上で泣いているのです。「どうした!?」「首を吊って死ぬ夢を見た」おいおい!その場は「夢だよ、大丈夫だよ」と言ってまた寝かせたのですが。。ヨメは既に不眠症になりかけていたのです。この時はまだ気付いていませんでしたが。


しかし、よくよく考えてみると、日中も「ほかの家の洗濯物の干し方が妙に気になる」「食器棚にコップをしまうときに、上向きで置くのか、うつ伏せで置くべきなのか悩んでしまう」等妙なことを言い始めていました。


後からわかったことですが、これは、「うつ」特有の症状で、こだわりが強くなる症状です。

妻が自殺念慮!?

その出来事からしばらくして、ある日の深夜、就寝中に嫁がまた起きて涙を流していました。「どうしたの?」と聞くと、今回は「首を吊って死にたい」と。さすがにこれはやばいと思い翌朝仕事を休み、精神病院へ妻を連れて行きました。


ちなみに、自殺念慮の症状が出たら、かなり重症のため、早期に医療機関で受診したほうがよいでしょう。

よき先生との出会い

精神科に行って医師にこれまでの経緯を話しました。妻がコップのしまい方一つで悩んでいることも話しました。ここで、その時の医師の反応が私達夫婦に以外でした。

「確かにコップ、上向きで置くかうつ伏せで置くか悩みますね。けっこう大事ですね」

とその先生は真顔で言ったのです。

私達夫婦はつい笑っていました。二人とも「この先生面白い!この先生ならついていける!」と思いました。

また、私たちは、先生に今の診断病名を求めましたが、先生は、
 「僕は無理やり病名をつけるのはあまり好きではないんですよね」
とも言っていました。そこには先生なりのポリシーを感じました。

 漢方薬と気分が落ち込んだ時の頓服薬を処方してもらって帰りました。先生によれば、漢方薬は西洋薬ほど、シャープに効かないが、体質改善に効果はあるとのことでした。

 通院して薬をもらっては、自殺念慮の症状が強く出たり、収まったかと思えばイライラが募って爆発したり、夫婦で衝突したり・・・

 本当にこの時期は辛かったです。薬が本当に効いているのかと先生に尋ねたこともあります。
 先生は、「症状は、一直線のグラフのように治っていくのではなく、株価のように上がったり下がったりを繰り返しながら、徐々に良くなっていくのだから焦らないように」と言ってくれました。

また、このころ、妻は産後うつのせいか、妻の両親に対しても敵意を抱いていたので、妻の実家の支援が受けられず、私自身、子供や妻を守るために、仕事を辞めなければならないかとも考えていました。

※私の両親は遠方で祖母の介護もしていたため援助を求めることはできませんでした。妻が少しでも寝ていられるように、早朝寝ている長女を無理やり起こしてミルクを飲ませ、さらにまた寝かせてから仕事に行かなければならなかった時は本当につらかったです。

 また、妻がパニック症状になって、頓服の薬をもらいに行くために、幼少の長女を近所の人に預けて病院に行ったこともありました。

私が病院から戻り、妻が落ち着いたところで長女を受け取りに行った時、それまでご近所さんに気を使っていたのか、ジッとこらえていた長女が、私の顔を見た途端、ワッと泣き出した光景は今でも忘れられません。

 産後うつは、仮性うつとも言われ、約半年で治るのが一般的です。ちなみにうちのヨメは、「最近全然症状が出ないね」と言えるまで一年かかりましたが。でも、ひどい人の中には、自殺したり、これが原因で離婚したりする人もいます。

やはりホルモンのバランスが大きく変わるんでしょうか。

 結局、薬が徐々に効いてきたことや、子供が大きくなって夜泣きがなくなってきたこともあるかと思いますが、「いつかは笑って過ごせる日が来る」と信じていたとおり、妻の産後うつは完治し、今では二児の母として平凡に過ごしています。

 今お悩みの方も是非、相性のいいドクターを探して薬を早めに処方してもらうことをオススメします。我が家も、面白いドクターと出会って随分助けられましたから。

 また、産婦人科のスタッフの方には、こうした産後のホルモンバランスの乱れに対するアフターフォローをもっと取り入れてもらいたいというのが、切なる願いです。

 さらに、男性には母性本能がないから、赤ん坊が夜中に動いても、グーグー寝ていられますが、母親というのは、母性本能で、夜中に子供がカサッと動いただけでも、目が覚めてしまうよう生物的な本能があるそうなのです。

出産直後の女性はストレスもたまりやすいですから、夫のサポートは絶対必要です。
 ママのストレス解消も産後うつを防ぐ大きなポイントになると思います。(原因はいろいろあり、女性ホルモンのバランスの乱れ、性格的なもの、ストレス等々)

 今回出会った、精神科の医師には、一つの物事でも、みる方向を変えてみると、暗いほうの反対側は明るく見えること、物事を真正面から全て受け止めすぎないことなどを毎回時間をかけて話してくれました。

 診察のあとはいつも明るくなっていました。どうか、若い夫婦の方も、いつかきっと治ると信じて今を乗り越えてもらいたいと思います。





失敗しないレーシック体験談 術前から術後まで



視力1.5から仮性近視へ

私の視力は中学校3年生ころまで両目とも1.5ありました。中学3年になって、受験勉強のせいか?卓球部だったせいか?突然遠くが見えにくくなりました。眼科に行って、仮性近視と言われました。確か目薬を出されて、何回か通院したように記憶しています。何度か通院するも結局視力は回復することなくメガネ生活へ。メガネは煩わしいし、かけてるうちに度数が合わなくなってくるしで嫌でした。と言いながらも高校3年間はメガネ生活でした。

眼鏡生活からコンタクトレンズへ

メガネも、視力が低下する度に買い替えたりして面倒でした。
大学に行き始めてからは、メガネが煩わしくなり、あんなに怖いと思っていたコンタクトレンズにもチャレンジ。つけてみたら恐怖心はなくなり、汗をかいたり、スポーツをしたりしても、気になることはなくなりました。しかし、社会人になってからは夜勤の日は、つけたままで勤務する訳にもいかず、煩わしさを感じるようになっていました。

かねてから興味があったレーシックへ

レーシックは、怖いイメージがありますが、ここは思い切ってチャレンジしてみることにしました。レーシック前の施術前検査はかなり細かい項目があり、「こんな検査項目もあったんだ」と驚かされるものもありました。徹底してきちんと検査をしてくれるイメージでした。ちなみにうちの奥さんの場合は、検査に行ってみて、角膜が薄く、普通のレーシックは不適と判明しました。私も、有楽町にある、品川近視クリニックに行きましたが、コンタクトレンズを作るような感覚で、こんなにも大勢の人が受けてるのかと思うと、不安が減少していきました。

レーシック当日

レーシック当日は、緊張しましたが、まわりをみると、若い女性の方から年配の方、学生の方がまるでコンタクトレンズでも作るような感覚で大勢います。これをみて、「あっ、なんてことないんだ」と自分に言い聞かせることが出来ました。実際、手術室もたくさんあって、次々と10分程度で前に並んでる人が終わって出てきます。また手術室に入る前には、看護士さんが、麻酔の目薬をさしてくれます。


そして、いざ手術室へ。

始まると、冷凍マグロのように私の身体はガチガチに固まっていました^_^;

しかし、痛みは全くありません。レーザーを受けてる間は、真っ暗闇の中に、パソコンのスクリーンセーバーのようなグラフィック模様が見えます。途中先生からは「動かないで下さい」と言われました。基本的には先生が額を押さえててくれたので、自分で何かするというのはありませんでした。

手術は本当に10分ほどで終わり、看護士さんに案内されるままに、手術室を出ました。

術後1週間

術後1週間は、できるだけ目に水が入らないようにしたり、定期的に目薬をさしたり、寝ている時に擦らないように、プロテクターをしたりします。その後の術後検診で見てもらい、「綺麗に角膜もついてるから大丈夫ですよ」と言われ終了。見える喜びを噛みしめながら生活できます。

レーシックをやってよかったこと

レーシックをやってから、良かったと実感したことをまとめてみました。
◯眼鏡の煩わしさから解放された

◯温泉に入る時、今まではコンタクトレンズを外さなければならず、何も見えなかったが、裸眼で見える!

◯使い捨てコンタクトレンズを買い続ける必要がなくなった

よく「人生がかわった」と言いますが、まさに人生が変わったような感覚があります。

レーシックの弊害

これまで、いいこと尽くめと思っていたレーシック。しかし、ある時から弊害を感じるようになってきました。
それは、夜勤などで長時間パソコンの画面をみたりしていると、これまでになかった頭痛や、目の奥の痛みを感じるようになってきたのです。レーシックから2年くらいしてからのことでした。

最初は頭痛薬で治っていたのですが、そのうち薬も効かない程に。そして肩凝りも限界に。

これは、目の疲れが原因と眼科へ。

やはり、医師によれば、遠くに焦点を合わせた状態で長時間近くを見ているため、目のレンズを調整する筋肉が、長時間緊張状態にあり、頭痛を引き起こし、さらには肩凝りまで来ているとのこと。先生いわく、「100円均一ショップでプラス1くらいの老眼鏡を買い、近くを見る時はそれを使ってみて下さい。一発で治ります。ただし、あなたは、老眼ではありませんから、周りから笑われても気にしないで下さい。(笑)」とのこと。目薬と飲み薬をもらい、先生が言ったとおりに実践してみたところ、確かに緩和されました。ですから今このブログも老眼鏡を掛けてやってます(笑)しかし、その時に先生が言っていたのは、「さすが品川近視クリニックさん、キズが凄く綺麗だけど相当いい機械を使ってるな」と。何だか複雑な心境でした。

職場の健康診断にて
職場の健康診断にて、一通りの検査を終えて最後に医師の問診があるのですが、この時の年配の女医が一言。「あなた、レーシックやったでしょ。」
私「えっ、なんでわかるんですか?」

医師「だって、36歳で両目1.5なんて目が良すぎるじゃない。だいたい、私みたいに歳がいってくると、遠くを見ることなんてそんなになくなるんだから。パイロットだったら別だけど。見る先は段々手元ばかりになってくるもんなのよ。まあ、一時はいい思いしたんだからいいじゃない(笑)」とのこと。

確かにおっしゃる通り、目の疲れも肩こりも頭痛も、原因ははっきりしてる。ガーン!!


まとめ
これまで綴ってきたレーシック体験談ですが、まとめると、レーシック自体は後悔していません。ただ、クリニックには、流れ作業的にやるのではなく、もっときちんと説明して欲しかった。具体的には、視力を出来るだけ出したいか、抑え気味にしたいか、事前に先生から聞かれるのですが、それぞれのメリットデメリットをもっと説明して欲しかったと思います。
そこで、これからレーシックを受ける方、どうすればいいのでしょうか?

それは、パソコンやスマホと長時間向き合う人はあまり度数を上げすぎないことです。

人間の身体は、日頃の生活に身体が合わせてくれていると聞いたことがあります。視力低下もその一環なのでしょう。ですからレーシックをやる際には、どれくらいの視力矯正にするかをよく検討すべきです。






- |2015年09月 |2015年10月 ブログトップ